排卵検査薬ナビ

不妊症になった場合何が悪いのかを突き止めるために検査をします。その検査は男女によって方法が違います。
女性は血液中にあるホルモンの測定や超音波検査、子宮卵管造影などの検査、男性は精液を採り濃度や運動量、奇形率を確認する検査を行います。

人工授精

その後治療をするのですが、その方法にはいくつか種類があります。
まず最初に一般不妊治療です。
人工授精や体外受精じゃなくても妊娠する可能性がある場合に行われる不妊症の主な治療方法です。排卵日を予測して、前日に性行為をし妊娠率を上げるといったタイミング法や排卵が起こりにくい人に排卵を誘発させる薬である排卵誘発剤を使用してから性行為を行い妊娠率を上げる排卵誘発法がよく行われている方法です。
両方とも費用は数千円~1万円程度で済みます。

次に人工受精という手段があります。
男性側に不妊の原因がある場合に直接子宮内に精子を送り妊娠を促す方法です。精液を採り遠心分離などの方法を活用し運動性がいい精子を専門のチューブを使い子宮に入れます。この方法は一般治療が難しいとされた場合に行われる治療法です。
費用は1回あたり1~3万円で行われます。

次に体外受精です。
この方法は女性から卵子、男性から精子を採り体外で受精させることによって確実な受精卵を作り、子宮に戻し妊娠を高めるというものです。男性女性の両者にそれぞれ原因があり人工授精では妊娠が困難とされる場合に行われます。
費用は10万~100万円と他の治療法より高額です。また受精卵をどれくらい培養するかにより金額が変動します。

精子の状態が悪い場合体外受精しても受精はしません。そういった場合顕微授精を行います。
顕微授精とは体外で卵子と精子の自然な受精をさせるというものではなく精子をガラス管などを用いて直接卵子に入れ、受精卵を作るというものです。この場合の費用は30万~100万円と言われていて最も高い治療法になります。

このように不妊症の治療法には様々あります。
不妊症かもと思った場合は一度産婦人科に女性だけではなく男性も共にいき検査をすることがおすすめです。