排卵検査薬ナビ

カレンダー

子供を望む場合において女性の身体におこる排卵の予定日を正確に知ることは妊娠の確率を高めることができ、排卵検査薬を使うことでタイミングを把握することができるようになります。
排卵検査薬とは、女性の身体が排卵に近づくにつれ尿の中に含まれているLHと呼ばれる黄体化ホルモンの数値が上昇するため検査シートを尿に浸すことによって確認することができるようになるもので、大体、一般的には尿の中に含まれているLHの量が30~40mIU /mlを超えると陽性の反応を示すと言われています。いつから使用を開始すればいいかというと、ほとんどの女性が生理開始の14日前くらいに排卵日が訪れると言われいるため確実に把握するには生理日の20日ほど前から使用すると良いとされているため、生理が終わった時から毎日使用するようにすることでタイミングを計ることができるようになります。

錠剤

場合によっては生理周期が不規則な女性や排卵に障害がある女性もいるためそういった場合にはクロミッドと呼ばれる排卵誘発剤を使用することで身体の中で排卵できるように促し、検査を行うことができるようなります。

尿の中に含まれているLHが20mIU /mlをこえると、その24~48時間以内には排卵がおこると言われているので陽性反応の1~2日後には排卵がおこるので、卵子の寿命は24時間しかなく、反対に精子は3日ほどの寿命があるため排卵日の3日前から性行為することが最も妊娠のしやすいタイミングとなります。

また妊娠を早期に知る方法として早期妊娠検査薬などもあるので、妊娠が成立したかを早い段階で知る事で次に切り替え、妊娠に備えた行動を行いましょう。

妊娠のために役立つ治療薬は色々あり、排卵誘発剤のクロミッドや早期妊娠検査薬などを紹介しましたが、焦りは男性にも影響し精神的な負担になってしまい男性が性行為に欠かすことができない勃起を起すことができなくなってしまうこともあるので、これらの薬はお互いの理解や価値観によって使用するようにしてください。

排卵検査薬