排卵検査薬ナビ

排卵検査薬

排卵検査薬とは、女性が排卵を明確にするために検査する検査薬のことを指します。
現在日本では少子化社会が大問題となっています。このまま人口が減り続けると日本の経済は破たんへの道へと進むしかありません。少子化の問題の中で不妊症なども挙げられています。以前までは妊娠を希望してから、二年間妊娠しなければ不妊症とされていましたが、最近になりこの定義を1年に改めようとの動きになっています。海外などでは1年妊娠しなければ何かしら問題があって妊娠できないとまでされています。

排卵検査薬は妊娠検査薬と同じようなタイプで、尿に浸すことで排卵日が予測できます。排卵の前に上昇するホルモンの量を検査することで、黄体刺激ホルモンを知ることができ、排卵が予測できる仕組みとなっています。妊娠を希望するのであれば、排卵検査薬はなくてはならない存在となっています。
排卵自体なかなかないという方も中にはいらっしゃいます。そんな時には、クロミッドと呼ばれる排卵誘発剤が効果的です。服用するだけで、排卵を誘発することが可能なのです。排卵日も管理しやすくなるので、排卵検査薬と併用することで妊娠が一歩近ずきます。
服用することで、複数個の卵子を排出することが可能なので、妊娠の確率がグッと上がります。しかし、通常だと一個のところ複数個排出するので、双子などの妊娠の確率も上がります。このクロミッドはタイミング法という方法で、排卵がなかなか難しかった方には効果てきめんの不妊治療方法と言えます。

妊娠検査薬とカレンダー

そして妊娠したかもときになる場合は、ドラッグストアなどで販売している妊娠検査薬を使用するとは思われますが、早期妊娠検査薬というものがあるのはご存知でしょうか?通常の妊娠検査薬よりも早期に妊娠を検査することができます。通常の妊娠検査薬ですと生理予定日より一週間後に検査が可能ですが、早期妊娠検査薬になると、生理予定日の三日前(着床から三日後)から検査をすることができます。

不妊症で悩んでる方は一日でも早く妊娠してるか確認したいので早期に検査ができる検査薬は今現在人気となっています。
しかし、早期に検査し、陽性判断でも着床が持続しなかった場合は妊娠が継続できてないので、科学流産とみなされます。
しかし、通常の流産と違い、手術なども不必要で通常通り生理が始まります。