排卵検査薬ナビ

排卵検査薬は一般的に調剤薬局のみで販売されています。
2009年に薬事法が改正される前までは一般用医薬品だったのでドラッグストアや薬局での購入が可能でしたが、今は薬局医薬品になってしまい処方箋を取り扱う調剤薬局でしか購入ができなくなってしまいました。そのため、近くに調剤薬局がなくて入手が難しくなってしまったという声もよく聞きます。
ですが、海外医薬品を個人で輸入するという形で簡単に購入することができます。
中には個人輸入は難しいと思っている人が多くいます。ですが思っているほど難しくありません。

ソファーに寝そべる女性

まず個人輸入にはいくつかのメリット・デメリットがあります。

メリットとしては、個人で輸入をする事により日本では通院と処方箋が必要な場合でも簡単に購入することができます。
処方箋と通院が必要だけど輸入するのにあたって必要ないの?と思う人がいると思いますがないからといって違法なわけではありません。当然輸入する量の規定があったり違法薬物などの輸入は出来ませんがそのほかのものであれば安全に購入できます。なので今までにかかっていたコストを削る事ができます。
また、個人での輸入のほうが税金が安くなるため病院で処方されて購入するよりも安く購入できます。

デメリットとしては、海外医薬品の購入なのでサイトは当然現地語になってしまします。
海外のサイトに1人で購入しようとすると大変なことが多いかもしれません。英語ならある程度わかる人がいてその人に聞いたり、自分で調べたりすれば何とかなるかも知れません。ですが、そのほかの言語になってしまうとやり取りをするうえで支障が出てしまう場合があります。例えばトラブルがあった際の対応や疑問な点を問い合わせをする際のやり取りがとても大変になってしまいます。

そういうリスクもありますが、最近では海外通販の個人輸入代行サイトというものがあり、トラブルなどの対応や問い合わせなどもかねてしてくれます。なので簡単に個人での輸入することができます。ですが、そういう医薬品の中には偽物も含まれてるサイトがあります。そういった被害にあわないためにも利用する前にきちんとそのサイトの評判などを調べたりすることによって事前に被害を防ぐことができます。同時に自分に合った安全で信頼できるサイトを見つけることもできます。

個人輸入代行サイトなどを見つける事で、より簡単に安く購入できるのでオススメです。

排卵検査薬