排卵検査薬ナビ

お腹をおさえる女性

不妊症とは妊娠願望がある健康な男女が避妊をせずに性行為をしているのにもかかわらず一定期間妊娠しないことを言います。一定期間というのは約1年程度を指し、健康な男女が排卵のタイミングで性行為をした場合に1回で自然妊娠する確率は20代では20~30%と言われていて、通常1年での妊娠率は90%とも言われています。
しかし女性に排卵がなかったり、子宮内膜症を患っていたり、過去に骨盤腹膜炎にかかったことがある人などは妊娠しにくいのでこの場合定義を満たしていなくても不妊と考え、検査や治療に踏み切ったほうがいい場合もあります。また、男女が加齢している場合妊娠しにくくなるので治療を先延ばしにしないことが大切になってきます。

ベッドの上でお腹をおさえる女性

原因の多くは女性ですが男性に原因がある場合、両者に原因がある場合も多く見られます。
女性の原因にはいくつか種類があります。

1つ目は排卵に問題がある場合です。
排卵が起こりにくい排卵障害の場合、妊娠率が大いに低下します。脳下垂体ホルモン分泌が異常の場合や多嚢胞性卵巣症候群、早発卵巣不全担ていることで排卵障害が起こります。

2つ目は卵管に問題がある場合です。
卵子の通り道である卵管が詰まっていたりうまく卵子が卵管に取り込めなかったりといった症状により障害が生じます。これは性感染病による炎症や子宮内膜症による癒着でなることが多いです。

3つ目に子宮頸管に異常がある場合です。
子宮と膣を繋いでいる筒状の子宮頚管部に異常がある場合があります。正常の場合頸管粘液と呼ばれるものが性行為上で精子を蓄える役割を果たしていますがこの粘液の酸性度が高かったり量が少ないことにより妊娠しにくくなるというケースがあります。

男性の原因としては主に射精に問題ありEDになってしまう場合や性行為はできても膣内に射精することができないということが原因で妊娠を妨げていることがあります。また精子を作る精巣に問題がある場合、濃度が低くなったり運動率が悪く受精をしないこともあります。

不妊かもと思っていたり、不妊と診断された場合はきちんと原因を特定することによってより早く改善できるよう努めることが重要になります。