妊娠確率をあげる検査薬

妊娠確率をあげる検査薬

現在多くの方が不妊で悩んでおり、少しでも妊娠の確率をあげたり、妊娠した際も赤ちゃんが健康で生まれるように、排卵検査薬、クロミッド、早期妊娠検査薬などといった様々な検査薬が利用されています。
排卵検査薬は、自宅で簡単に排卵日を特定することができます。
検査で陽性反応が出てから1~2日で通常は排卵が起こるといわれています。
その為、そのタイミングで性行為をすることによって、妊娠する確率をあげることが出来ます。
日本では、現在多くの方々が子供ができずに悩んでおり、この薬は、不妊治療の第一歩として利用されています。
特に生理周期が安定しない方にはおすすめの方法です。
主な購入方法は、主に2つあります。以前はドラッグストアで簡単に購入ができましたが、現在は薬事法の改正により購入ができなくなっています。
その為、処方箋を受け付けている調剤薬局又は調剤(処方箋調剤)があるドラッグストアでへ直接行き購入するか、海外から個人輸入する方法があります。
個人輸入は現在では多くの輸入代行会社があり、簡単に購入することが可能です。
調剤薬局で購入できる物は、7日分で約3,000円ほどの価格になりますが、個人輸入で購入できる物だとさらに安価で購入できることもあり、最近では多くの方々が利用されています。
排卵誘発剤のクロミッドも多くの方に利用されています。
人口的に排卵をさせるのを促すこの薬は、排卵日を予測しやすくなるため、妊娠の確率をあげることができます。
また、妊娠したかもと思ったら早めに妊娠を確認することが必要です。
妊娠を早く発見することは赤ちゃんの健康にとってとても重要なことです。
妊娠初期は、赤ちゃんが外部から影響を受けやすい時期です。
また、子宮外妊娠など母体に危険伴う場合もあります。
特に早期妊娠検査薬は、通常の検査薬よりも早くに妊娠を確認することができます。
通常は生理予定日の1週間前後にチェックが可能ですが、この薬の場合はは、受精後9~12日ほどで調べることが可能です。
赤ちゃんの健康な発育とお母さんの健康を守る上でも早期妊娠検査で早めに妊娠を確認して、わかり次第、病院で診断をうけるとよいでしょう。